清涼寺(せいりょうじ)|京都

Seiryoji-hondou
(Wikipediaより)

清涼寺って?

  1. 釈迦堂さん(さがしゃかどうさん)の名前で親しまれている
  2. 光源氏のモデル:源融 (みなもとのとおる)の別荘跡
  3. 37歳のお釈迦様の姿を写した釈迦如来立像(国宝)が祀られている
  4. 豊臣秀頼(とよとみひでより:秀吉の三男)の首が本堂横に祀られている
  5. 本堂の屋根が大きい
  6. 本堂前は時代劇のロケ地として使われることが多い

清涼寺|みどころ

清涼寺のみどころ|生きた姿を現した釈迦如来立像

インド・中国・日本の三国伝来の釈迦如来立像は、お釈迦様の生きた姿を現しているというのはどういうことかといいますと、釈迦像の胎内に絹製の五臓六腑が収められているんです。たしかに、生きてる・・・

この釈迦如来立像は、毎月8日(11:00~)・4・5・10・11月のみ公開されています。

清涼寺|拝観について

住所:右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町

駐車場:あり 1日800円

拝観時間:9:00~16:00
4,5,10,11月は、9:00~17:00

拝観料:境内は無料 本堂拝観400円 霊宝館400円

拝観所要時間:約20分

大きな地図で見る

 

清涼寺 公式サイトURL

※清涼寺公式サイトはありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ページをシェアして頂けたら喜びます。

< SPONSORED LINK >