鹿王院(ろくおういん) |京都

Rokuouin
(Wikipediaより)

鹿王院って?

  1. 室町幕府三代目将軍・足利義満(あしかがよしみつ)が24歳のときに寿命を延ばすために創建したお寺
  2. 紅葉の隠れた名所
  3. 女性専用の宿坊がある

 

鹿王院|みどころ

鹿王院みどころ|足利義満の直筆の額

山門に掲げられている山号「覚雄山(かくゆう・かくおう:お釈迦さまという意味」と客殿にある「鹿王院」という額は、なんと足利義満の直筆だそうです。達筆というよりは、しっかりした楷書体の文字という印象です。足利義満といえば、金閣寺を作った人ですが金閣寺の正式名称は「鹿苑寺(ろくおんじ)」。鹿・・・・関係が深いんでしょうか?

 

鹿王院みどころ|女性専用の宿坊

妙心院の塔頭である大心院と同じように、一般の方が宿泊できる宿坊がありますが、鹿王院は女性専用の宿坊です。朝のお勤め、法話(30分)は自由参加で、夜の門限は19:30とかなり早めです。ですが、宿泊した人みなさんが声を揃えて「お庭の景観、お料理、お寺の方、座禅修業、静かな空間、どれをとっても、すばらしい!」とおっしゃられるので、大変気になります。

鹿王院は紅葉が美しいことでも有名で、この時期は宿坊も混み合います。一人で宿泊される方は、他の方との相部屋もあるそうです。

 

鹿王院|拝観について

住所:京区嵯峨北堀町

駐車場:あり 4台ほど(無料)

拝観時間:9:00~17:00(無定休)

拝観料:大人300円 高校生200円 小・中学生100円

拝観所要時間:約30分


大きな地図で見る

鹿王院 公式サイトURL

※鹿王院公式サイトはありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ページをシェアして頂けたら喜びます。

< SPONSORED LINK >