街角で見かける舞妓さん(a Japanese dancing girl )について

SPONSORED LINK

華やかな芸舞妓さんが歩く、世界的にも有名な京都の花道ですが、あの美しい舞妓さんになるには、どうしたらいいのかって知っていますか?今回は、あの華やかで美しい舞妓さんになるための方法を取り上げてみました。

東福寺

舞妓さんになる方法

芸妓さん、舞妓さんになるためには、

一般的には中学校を卒業してから、17歳くらいまでとされているそうで、

置屋(a geisha house:芸者や遊女を抱えている家。料亭・待合・茶屋などの客の求めに応じて芸者や遊女を差し向ける ※yahoo辞書調べ)に紹介してもらって

採用される方法と、京都伝統伎芸振興財団(https://www.ookinizaidan.com/)をはじめとして、

その他各花街の歌舞会でも舞妓志望者を募っているので、

そちらから舞妓への道をあゆみ出す方がいらっしゃるようです。

 

ただ、誰でもなりたいと思ったらなれるものではなく

年齢のみならず、身長や体重、当然ながら親の同意など、

様々な条件をクリアしなければならないとのことですので、

舞妓さんを目指す方は、よーく考えてから進まないといけないですね。

 

いろいろと調べてみてわかりましたが、

これだけの覚悟、そして希望をもって舞妓さんになり、

お酒の席で素晴らしい舞を魅せてくれていると思うと、

さらに感動してしまいそうですね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK


秋の京都の紅葉

京都旅行に行かれるのに便利なホテル・旅館の予約サイトをまとめて紹介します。

比較する事で最もお値打ちに予約する事が出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です